事業内容とおもな実績

上水道施設運転維持管理

上水道処理施設における運転・維持管理

水道水は、人々の健康に直接影響を与えるため、常に細心の注意をはらって、適切に維持管理することが求められます。また施設の管理だけでなく、水道料金納入における各種マネジメントにおいてもアウトソーシングへの対応が期待されています。日本管財環境サービスは、市場の変化にも対応できる柔軟な姿勢で、様々なニーズに積極的にお応えしています。

当社の運用におけるお客様からの反応
  • 水道施設と窓口業務を一体化とする提案の実施により、コストの大幅な削減につながりました。
  • 水道料金をコンビニで納入できるシステムの導入や滞納者への個別訪問等の実施により、滞納率の低減につながりました。
  • 豪雨災害時に応援人員の配置など的確な判断で、施設復旧までの期間を短縮することができました。

下水道施設運転維持管理

下水道処理施設における運転・維持管理

下水道処理施設は快適な住居環境を実現し、健康で文化的な生活を送るために欠かすことのできない施設です。そのためには常に先を見通した運転・維持管理と、それを支える万全の体制により施設の機能を最大限発揮する必要があります。日本管財環境サービスは、これまで長年にわたり積み重ねた実績・経験を生かすと共に、幅広い知識と技術を持った技術者を配置することで、緊急時にも即応できる、運転・維持管理体制を整備しています。

当社の運用におけるお客様からの反応
  • 豪雨時の緊急対応が迅速かつ適切であったため、被害を最小限に留めることができ、早く復旧することができました。
  • 震災の影響で、薬品等が入手困難の時に他のエリアから調達を行うなど迅速な対応で、施設の運転がダウンすることなく稼働できました。
  • 近隣の自治体の下水道処理施設との一体管理で、コストダウンが図れました。

ごみ焼却施設及びリサイクル施設運転維持管理

ごみ焼却施設及びリサイクル施設運転維持管理

日本では大量のごみが工場や家庭から排出されており、国土の小さい我が国では焼却またはリサイクルすることがごみ処理の主流になっています。日本管財環境サービスは、効率よく、かつ低予算で安全に運転・維持が行われるよう、ミニマムな人員の配置、複数施設の一体管理など、徹底した合理化を提案。実施し、評価頂いています。

当社の運用におけるお客様からの反応
  • 従来は故障毎の調査であったが、定期的な点検により、安定的な運転ができるようになりました。(予防保全提案による設備の延命化)
  • 発電付焼却施設での効率的な運転管理により、発電量と売電収入の増加につながりました。
  • リサイクル施設での選別を機械から手選別へ変更して頂いたことで、資源物の回収率向上につながりました。
  • 受入搬入時の不適物のチェックの徹底により施設トラブルが減少しました。
  • 施設竣工後より、プラントメーカーとの交渉、不具合箇所の洗い出しなど、専門的な目でチェックして頂いています。

し尿処理施設運転維持管理

生物・化学・物理学的処理を行うことにより、し尿を浄化した上で、自然界へ循環させることにより環境保全に努めています。

放射性廃棄物処理施設運転維持管理

放射線の研究等によって発生した放射性廃棄物を、生活環境に影響が出ないよう水処理、焼却処理等により適切に管理をしています。また、東日本大震災での原発事故の影響により発生し、運び込まれた低濃度放射性廃棄物を、安全管理者設置、安全対策、サンプリング検査を実施したうえで、一時保管・裁断・焼却施設への運搬等を行っています。

当社の運用におけるお客様からの反応
  • 地域特有の問題を、安全なガイドラインのもとに実施して頂いています。
  • 法改正(電離放射線障害防止規則等)への速やかな対応と教育実施により、法令遵守の観点からも適正に施設運営して頂いています。
  • 年間約1,000トンの処理を計画通りに実施して頂いています。

産業廃棄物処理

産業廃棄物に関する分析をはじめ、収集・運搬、中間処理、最終処分と、お客様のご要望に応じたトータルなソリューションサービスを提供しています。

工事

専門部署である工事部内に監理技術者等の多種多様な専門技術者を配置し、上下水道施設・ごみ焼却施設・リサイクル施設・し尿処理施設等の各種設備・機器オーバーホール全般、炉内改修工事・補修工事等、様々な工事を行っています。また、設備診断等による予防保全提案を行い、改修工事による施設の延命化に取組んでいます。

バイオマス発電施設運転維持管理

バイオマス資源による発電

近年地球温暖化が深刻な状況下、環境対策、省エネルギー対策の観点から、廃棄物を利用したバイオマス技術が注目されています。具体的な事例として、生ごみ、排水処理の汚泥、河川の汚濁の一因にもなっていた家畜産業由来の糞尿等を原料に、メタン発酵し、発生したメタンガスで発電を行うという取り組み等があります。日本管財環境サービスでは、このようなバイオマス施設の運転管理を実施しています。

当社の運用におけるお客様からの反応
  • 地域の再生資源の利用により、発電エネルギー化の実現に貢献して頂きました。
  • 排気ガスや河川汚濁などの低減、地域の環境改善にもつながりました。
  • ごみ処理のトータルコスト削減に貢献して頂き、住民の環境意識の高揚にもつながりました。
  • 適正な運転管理で、安定的な発電が可能となり、売電収入の増加につながりました。

環境関連商品販売

水処理に必要とされる工業薬品類・交換部品等を取り扱っています。

ページトップへ