ISO基本方針

ISO基本方針

環境方針

株式会社日本管財環境サービスは、日本管財グループの環境技術部門の中核を担う会社として、近年、地球的規模で環境問題がクローズアップされている中、特に大気・水質・土壌汚染といった環境に着目し、長期的視野に立った環境保全と行政施設の運営・維持管理に貢献してまいりました。

今後も理想の資源サイクルを循環させるべく、公共の上水道施設、下水道処理施設、ごみ処埋施設、リサイクル施設、堆肥化施設、し尿処埋施設、一般廃棄物最終処分場等の施設運転維持管理を通じて、自治体から一般市民に至るまで幅広い方々にご満足頂ける優れた公共サービスをご提供し地域社会に貢献するとともに企業市民として地球環境保全の重要性を認識し、事業活動を通じて環境保全活動の継続的な改善に努めます。

  • 1. 環境マネジメントシステムの継続的改善を推進し、環境汚染の予防に努めます
  • 2. 環境関連法規制及び当社の同意したその他の要求事項を順守します。
  • 3. 環境目的・目標の設定と実施により、環境改善並びに現状維持に努めます。また、定期的な見直しを適切に行います。
  • 4. 全ての事業活動において環境影響評価を行い、改善致します。
  • 5. この環境方針は、全従業員ならびに関係各社に周知させるとともに一般に公開致します。
  • 6. 次の項目について積極的に推進します。
    • (1)廃棄物の削減・リサイクルの推進
    • (2)天然資源の有効活用
    • (3)省エネルギーの推進
    • (4)地球環境保全への貢献

品質方針

株式会社日本管財環境サービスは、日本管財の環境技術部門の中核を担う会社として長期的視野に立った地球的規模の環境保全と行政施設の運営・維持管理に貢献します。

公共の上水道施設、下水道処理施設、ごみ処理施設、リサイクル施設、堆肥化施設、し尿処理施設、最終処分場等の施設運転維持管理サービスの品質向上を通じて自治体から一般市民に至るまで、幅広い方々にご満足頂ける優れた公共サービスをご提供し地域社会に貢献するとともに事業活動を通じて品質マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。

  • 2015年6月1日
  • 株式会社日本管財環境サービス
  • 代表取締役 降矢直樹

PAGE TOP